最高にして最強。究極で極大な趣味の話

今回はくら戦闘狂の野望を話します。

タイトルから中二病な感じを受けるとは思いますが意外と真面目な話ですよ?

野望を発表する前に「タイトルの最高の~趣味の話」をします。長いので「最高の趣味の話」にします。

趣味についていろいろな考えがあることとは思います。別に趣味に貴賤はないです。

しかし、まぎれもなく最高峰の究極の趣味(の一つ)があります。

それは「創ること」です。

あなたは「好きなもの」ってありますか?あるいは「好きなこと」でもいいです。それを創り出すということです。

私はアナログゲーム以外だったら本が好きですねー。漫画はあまり読みませんが。

そんな本が好きな私はいくつかの偶然が重なって、電子書籍を出したことがあります。

この本はつまらないとか、この本は中身がない。とかよく思うものです。

しかしいざ本を作る時は、この表現はいらないのでは?もっと説明がいるか??とかとても悩みました。

コンテンツを楽しむ側から作り手に回るのは(自己満足かもしれないですが)無限の面白さがあります。

ここまで読んだら私の秘めたる野望もわかったも同然ですね!

ゲームを作りたい…

アナログゲームをやるだけにとどまらず、作ろうとしてます。

根幹となるアイデアはすでに有って、コストとの兼ね合いでどこまで掘り下げるか?とか考えてます。

くら戦闘狂さんの次回作にご期待ください。

今回の記事はここで終了です。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)